食用の馬油


馬油を食用に使う

images馬油は民間薬として、
乾燥肌シミの改善に効果・効能
があることを別の記事にてご紹介しています。


実は馬油は食用にも使われていることを
ご存知でしょうか。


身体によい働きをするのが不飽和脂肪酸。悪い働きをするのが飽和脂肪酸
と言われています。
不飽和脂肪酸は主に魚類や植物油に多く含まれていて、
血中の中性脂肪やコレステロールの量を調節する働きがあります。
馬油には『不飽和脂肪酸』が豊富に含まれているんです。

そして、馬油は他の油と比べても浸透力があり、炒め物やケーキなどを焼く料理の場合、
少量を容器に塗っておくと、強火でも焦げ付きません。

馬油はごく小さな隙間にも浸透し、油膜を作るので素材も焦げ付かないうえ、
身体によい不飽和脂肪酸も摂取できます。

そして、馬油で調理した料理は「日持ちがする」と言われているのです。

食用馬油

日高馬油
北海道の日高地方は馬の産地として全国的に有名ですね。
中でも有名な「日高純馬油」は馬肉から脂肪分をろ過し、不純物を除去したものです。

ほかにも馬肉専門店などでも、食用馬油を扱っているお店もあるようです。
インターネットなどで検索して購入してみるのも面白いかもしれません。
食用の馬油であったとしても、薬用効果はありますので、使い道は豊富です。
もちろん、痔や乾燥肌、シミなどの改善に使うこともできます。

しかし、食用の馬油は天然成分なので、保管には一層注意する必要があります。

馬油は酸化しやすい(腐りやすい)からです。
市販の馬油には大抵、酸化防止剤としてビタミンEが入っているのですが、
天然成分である食用の馬油には入っていないのです。

馬油は腐ると特有の腐敗臭がするので、取り扱いには十分注意をしてください。


スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です