馬油で「やけど」改善


「やけど」には馬油が、効果絶大。

a1230_000022馬油が最も効果を発揮するのが
やけどの治療です。

馬油は昔から民間薬としてさまざまな場面で使われてきました。
文献を読み解いていても、「やけど治療」に馬油が使われているシーンがたくさんあります。

馬油は人肌で簡単に溶け、浸透力が高いため、皮膚の奥まで入り込んでいきます。
その際、油膜を張り細菌の侵入をシャットアウトします。
皮膚のなかの空気を遮断するのです。

強い「消炎作用」と「殺菌作用」を持っているんですね。

馬油をやけどに馬油を使う場合
①やけどをしたら、まず患部を十分に冷やして馬油を塗る

この作業だけは絶対に怠ってはいけません。
いくら馬油にやけど治癒効果があるとはいえ、冷やさないと症状はどんどん悪化します。
冷やす時間は、痛みがなくなるまでが目安です。
やけどの面接が広い場合は、流水で濡らしたタオルを患部に当てるなど工夫しましょう。

馬油を塗る量と塗り方
塗る量は、人差し指で掬える量で充分です。それから、肌に薄く塗ります。
このとき、あまり強く塗ることがないようにしてください。

やけど後の皮膚は、傷ついた状態なので、ちょっとした刺激により、
ただれてしまう可能性があります。患部が広いときは、ガーゼに染み込ませて、
包帯で巻くのが最もよい方法です。

もし治療の過程でガーゼが血ではがれなくなったら、無理にはがさないようにしてください。
馬油はガーゼの上から塗るようにします。

②馬油は塗っても「化膿」しない

やけどの事後症状としてよく見られるのが「化膿」です。
通常のやけど用軟膏であれば、治療の最中に化膿することがほとんどです。


しかし、馬油は塗っても化膿することはあまりありません。

おそらく人肌に近い成分を持っていることが要因と考えられます。
実際に馬油をやけどに使った人の話によると、入院治療でもあまりよくならなかったけども
2~3日塗り続けるとすっかり良くなった。という例もあるほどなのです。

治療に当たり、個人差はありますが、
正しい使い方をすれば効果があることは間違いありません。
できるだけ早めに馬油を塗ることです。早めに対処すればするほど高い効果を発揮します。

そして、結果がすぐに出なくても、根気よく使い続けてください。
効果があることは、多くの人が実感していることです。
やけども軽いものから重いものまで、実に症状はさまざまです。

重症化すると死に至ることもあります。
不安であれば、まずは医師に診せるのが先だと思います。
やけどは焦らずに対処することが大切です。


スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメント

  1. Hi there, I discovered your site by means of Google even as searching for a related matter, your website came up, it seems great. I have bookmarked it in my google bookmarks.

  2. borvestinkral より:

    I have recently started a blog, the information you offer on this website has helped me greatly. Thanks for all of your time & work.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です