馬油で乾燥肌改善


乾燥肌とは

images肌の悩みとしてよく挙げられるのが乾燥肌。
冬期間などは乾燥が強くなるため、
乾燥肌で多くの方が悩まされているようです。

特に、腕や足は皮脂腺が少ないため、
乾燥の影響を受けやすいと言われています。

これらの部位には乾燥が顕著に出てしまい、カサカサするだけなら良いですが、
ひどくなると粉を吹き、より悪化するとかゆみを感じるようになります。

入浴後など、体温が上がると体内メカニズムの影響から、かゆみが増してしまうので、
寝ているときに知らずに掻きむしってしまう……、そんな声も良く耳にします。

顔は、腕や足と比較すると、皮脂腺が多いため、乾燥しにくいとされています。
とはいえ、頬や目および口周りは乾燥しやすく、放っておくと小ジワになってしまうことも
あります。

馬油は人肌とほぼ同様の成分を持っています。
そのため、あらゆる肌トラブルに効果を発揮するとされています。

油分が人肌になじみやすく、油膜をつくるため、水分の蒸発を防ぎ、肌のうるおいを保つ効果を持っているのです。

加えて、皮下組織まですぐに浸透するまで、すぐに効果が実感できるのです。

乾燥肌に効く馬油

乾燥肌 馬油「馬油でアトピー性皮膚炎改善
でも触れていますが、セラミドとは、
肌細胞間の隙間でうるおいや油分を閉じ込める
保湿成分のことです。人なら誰も持っています。

セラミドを補給することで保湿を図る
ことができます

セラミドとは
セラミドは肌を異質物から守るバリア機能を持っていて、馬油に含まれています。
保湿機能を持つ成分は、セラミドのほかにコラーゲンやヒアルロン酸などがありますが、
セラミドは細胞間脂質のなんと約半分を占めており、肌の水分管理に大きな役割を
果たしているのです。

肌のバリア機能が弱まると、乾燥にも耐えきれなくなってしまいます。
異質物が入り込み、肌にウイルスが侵入したり、水分が飛んでしまったりします。

こんなときは馬油を使いましょう。

馬油に含まれているセラミドにより、お肌の水分を閉じ込め、乾燥肌を防ぎます。
また、保温、血液循環促進作用があるため、からだが自然と温かくなります。

血行が促進されると、体内の免疫力が高まるため、アレルギー物質への対応力がつき、
抵抗力がつきます。ひいては、乾燥肌対策にもつながるわけです。

それから、馬油は抗炎症作用もあります。
乾燥肌によってできた湿疹を抑えてくれることはもちろん、炎症によって持った熱も
軽減してくれるのです。

馬油はいろいろな目的で使うことができるので、持っていて損はないでしょう。


スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です